FIREを前にサラリーマン生活を振り返ってみる その2

2025年6月をもって長年勤めた会社を退職するつもりでいます。

 

退職を前にサラリーマン生活を振り返りたいと思います。

 

20代後半のアメリカ勤務

当たり前ですが環境が大きく変わりました。アメリカ生活自体は大学時代に短期留学で4か月ほど経験していましたが勉強(遊び?)と仕事では結構違います。

 

仕事内容としては日本で行っていたこととほぼ同じで、純粋に英語環境、一緒に仕事する人がアメリカ人になっただけとのことで、語学の悩み以外は仕事上あまりありませんでした。

 

アメリカ生活の真新しさ、アメリカ人の同僚との交流など転勤時は振り返ってみると非常に楽しく過ごすことができました。その他アメリカの地方都市への赴任でしたので田舎暮らしは退屈すぎて自分には向いていないことが改めて確認できました。

 

 

30代前半の帰国後

アメリカから帰国して元の職場へ復帰しました。アメリカへの転勤前はストレスや仕事自体に飽き飽きしていて結構つらかったのですが、アメリカ勤務でリフレッシュできたことや、一緒に働く人が変わったりといったこともありスムーズに移行できました。

 

日本語で仕事をすることがいかに楽で快適であるかを感じたりして、しばらくは問題なくサラリーマン生活を送ることができました。

 

管理職に昇進したのも30代前半のこのころです。

 

(FIREを前にサラリーマン生活を振り返ってみる その3へ)

 

FIREを前にサラリーマン生活を振り返ってみる その1

 2025年6月をもって会社を退職し、独立という名の無職生活を送る予定でいます。

 

サラリーマン生活を振り返って、総括ではないですが文章に残しておこうと思います。

 

新卒入社時 

入社式に濃い緑色のダブルのスーツで参加したのは自分だけで周りは黒や紺、グレーのスーツの人が多かったですね。

 

当時はダブルのスーツも流行っていたのでそこまで浮いた感じはなかったです。特に自分としては違和感なく全く狙っていったわけでもなく、しばらく時間が経ってからそのスーツで行ったことを思い出した次第です。

 

ある意味入社初日の時点でサラリーマン適正が低いことの証明、早期退職する将来が見えていた気がします。

 

入社1年目

環境になれるので精いっぱいのため、とにかく疲れた記憶しかありません。一緒に働いた人たちは大変親切で人柄もよく、30年近くたった今でも年の近い先輩とは部署は違えど仲良くさせてもらっています。

 

20代前半から中盤

夜中まで働いている時期もありましたし、最悪明け方まで働いている時期もありました。仕事を覚えて少し楽しくなってきた一方で、大変さだったりもあり、正直仕事が嫌になってきている時期でもありました。

 

20代中盤から後半

自分の会社員キャリアで分岐点となった時期です。

 

このタイミングで海外勤務の希望を出し、海外勤務があればそのまま会社員生活を継続、なければ退職しようと思っていました。退職後はどうするのかまでは深く考えていませんでしたが、仕事に飽き飽きしていて環境を変えなければ勤務を継続することは難しいと感じていました。

 

一方で、社内的な評価も悪くなく、また英語(TOEICスコア等)に関してもかなり高かったですので、海外勤務候補者の中から選ばれないことはないだろうなと自信もありました。

 

幸か不幸かアメリカ勤務が決定し、会社員継続となりました。この時に何らかの事情でアメリカ勤務にならず、退職していたらどのような人生になっていたのか、振り返ってみると大きな転換点でありました。

 

(FIREを前にサラリーマン生活を振り返ってみる その2へ)

4月10日 資産残高 1億9270万円 史上最高額更新 

あと4%強の資産増加で2億円になります。

早ければ1-2か月で2億円の大台を達成するかもしれません。

 

口座別 (単位:百万円)

SBI 円貨 20.2+ 6.4 外貨 85.1

GMO 6.9

Monex 4.5 + 21.9

Nomura 17.1

Jr NISA 18.6

出資金 5.0

ideco 1.5 + 2.0

Tsumiki 1.5

現預金 2.0 

 

合計 192.7百万円

3月以降予定

早めにチケット 4月29日ソフトバンクー西武 

         6月29日ドラゴンズーベイスターズ

 

3月13日 福沢諭吉展示館 優勝旗・ホームランボー

3月20日 Bリーグ 等々力 19時から

3月24日 仙台 ベガルタヴォルティス

3月28日 九条オフ会

3月29日ー4月2日 台湾

4月4日 ベルーナドーム デーゲーム 西武ーオリックス

4月7日 高校野球2回戦

4月9日 大宮球場 西武ーロッテ

4月13日 高校野球3回戦  10時等々力

4月14日 金沢 ツエーゲンYSCC横浜 

4月15日 東大戦?

4月20日 清水 エスパルスベガルタ 

4月26日 帝国ホテル会食

4月27日 法政戦

4月28日 高校野球準々決勝 保土ヶ谷

4月29日 福岡 ソフトバンクー西武 天ぷら平尾 牧のうどん 博多一双

 

5月3日 横浜FC水戸ホーリーホック 高校野球 準決勝12時半から

5月4日 高校野球 決勝 立教戦

5月5日 立教戦

5月6日 大宮アルディージャ松本山雅

5月18-20日 明治戦

5月20日 9時ライオンズチケット

6月1-3日 早稲田戦

6月26日 大宮 西武ー日本ハム

6月29日 名古屋 ドラゴンズーベイスターズ

 

 

1月から2月

1月4日 ラウンドワン

1月5日 西新井大師

1月12日 大倉集古館 菊池寛美美術館

1月16日 埼玉県立近代美術館

1月17日 松岡美術館  JINS 

2月2日 和歌山出張 紀三井寺 和歌山城 

2月3日 節分祭

2月9日 浅草東洋館U字工事ふじいあきらロケット団、おぼんこぼん、

 ジュンイチダビッドソン、Wリンダ)

2月11-12日 鳥取砂丘

2月13日 ゴルフ初日

2月14日 そごう美術館(水木しげる) パナソニック汐留(フランクロイドライト)

2月15日 プロレスリングノア 真壁、藤田、関本、桜庭、石川、本間

2月17日 絵の教室

2月22日 Queen IMAX

2月23日-24日 新日本プロレス 札幌 時計台 白い恋人パーク かに本家

 

銀座にしたに ランチ寿司

台湾

line登録

 

3月29日(金)移動 新光三越

3月30日(土)故宮博物院(昼食) 忠烈祠 饒河街観光夜市

3月31日(日)金品茶楼 士林夜市

4月1日(月)九分十分ツアー 台北101

4月2日(火)圓山大飯店飲茶 移動

 

金品茶楼 新光三越南西1館8階(双葉) 地下1階(鼎泰豊)京鼎

専業主婦の確定申告 株式譲渡益課税の還付(取返し)

妻の証券口座についての確定申告

 

過去から今まですべて譲渡益が20万円未満ということで、確定申告はしてきませんでした。

 

2024年に関しては想定外に利益が出てしまっているため確定申告をする方向で考えたいと思います。

 

優待クロスを行っているのですが、優待期間外において預かり金として現金のまま証券会社に置いておくのではなく、東証の上場ETF(1545:NASDAQ、2559オルカン)に置いておいたところ、株価が上昇してしまいました。

 

優待クロスの資金として使用するために現金化する必要がありますから、売却した際にそれなりの利益がでています。この売却益に対し源泉徴収で税金が取られておりこれを確定申告することにより取り返そうと思います。

 

具体的には、妻は専業主婦(正確には自営の役員で無報酬=無収入)のため、給与所得ゼロです。この場合では給与所得控除は取れないものの、基礎控除48万円は取れますので、株式譲渡益が48万円以下であれば税金はゼロ、すなわち源泉徴収された税金は返ってきます。

 

これに加えて、iDeCoも過去からやっていますので、23000円x12か月の276,000円が所得から控除できます(小規模企業共済等掛金控除)。つまり基礎控除と合計で756,000円までの株式譲渡益を無税にできます。

 

株式譲渡益が756000円まで行かない場合は、株式配当金も確定申告すれば源泉徴収された配当にかかる税金も取り戻せます。

 

最大約15万円(756000x20.315%)の免税が受けられますから2024年の進行年度は妻の分も確定申告をする方向で考えます。